<391>

 それがある前とあった後では、何もかもが違ってしまっているのだろうという出来事を想起してみる。尤も、それだけのものだから、こちらの意向など一切お構いなし、向こうのタイミングで、好きなときに突然頭の中に訪れてくるのだ、と言った方が正確かもしれないが(つまり、思い起こしてなんかいないんだ)、ともかくそういう出来事があると。そういう出来事があれば、一切の余計な要素は一旦脇へ追いやられて、今ここでは、出来事の前にひれ伏すしかないと、誰もが言うし私も言うし、出来事自身もそう言っている。しかし、空間というのは何とまあだだっ広いのである。それは物理的なこととそうでないこととをひっくるめてそうなのだ。出来事自身がいくつもの色を生んでいると思うかもしれないが、出来事は出来事それ以上でも以下でもない(だからこそ単独でもひどく重たいのだが)。あんまり用意された色が少ないもんだからと、色を足すのはこちらであるのだが、空間は充分にある。その充分にある空間で暇を(あるいは色を)潰していると、いつの間にかそちらの方に中心を移せていたりもする。それで、出来事という明確な遮断物にもかかわらず、道でないところをただ黙々と進んでいる姿を発見したりする(あいつはどこを歩いているのだろうか?)。何も、そいつが進んでいたのは、出来事が生む困難を既に乗り越えたからだとは限らないのであって、現に当初の色が何色であったかなどが分からなくなった場所で気軽にストレッチなんかをしていやがる。それを見れば、ポカンとしてのち、呆れて笑ってしまうしかないのだろうが、なるほどこのようにすればいいのだと、納得した人がひとりやふたりはいたことがそれなりに良かったのかもしれない。

 出来事が重要でなくなることなど今後もなく、相変わらずの重さであることは間違いないのだろうが(軽視するったって、そんなのは無理さね)、いくつかの空間に適当な色がまぶされていけば、なんとはなし歩いていけることもまた確かなようではある。

<390>

 ザワザワザワザワ言う声が、生滅を暗示している。いや、それは生滅そのものかもしれないが、プチプチと、盛り上がった、と思えば、次の瞬間には消えている。それは、大胆な拒否であろうか、反発であろうか、ただの快哉であればこそ、ゾワゾワと内側から立ち上がったものにううと唸りをあげて停止しちまうのは絶頂であっていいのかもしれない。が、いやさてさてもっともっと鈍たいもののように感じるのであった。

 ここまでは大丈夫だったのに!と、思っても駄目である。大丈夫という事実は一瞬間だけを愛している。波立つ予感に呆れ笑いをこぼし、早々に持ち場を去る。非難しちゃいけない。波になったらそれはもう短い一瞬ではないのだから。どこかに動かなければいけないという意識、その意識という意識が、駆け巡られる事実に射竦められたのか、ビタリと止まって動かない。

<389>

 最悪の場合って、死ぬ? そりゃそうだろう。確認は取ったかって、要りませんそんなの。からかって、馬鹿にしてたら不死なのかい? とんでもない! 誰だそんな話。聞いた? 聞いた!? あなたもそうかい。大体が、不死を前提に話が進んで、不安が除かれればあなたは死なないって教えられてないかい、あっはははっはどうしてこうして壊れ続けて、正常の値を決めるとどうなるの? いやあきっと不調なんでしょう、数字でそう出ているんですもの? じゃあ、あそこでピンピンしている呼吸は誰なんだ?

<388>

 何かを憶えている、というのは微妙な問題だ。適当さと深さとが混在しているので、記憶力が良いか悪いかの基準を定めることが難しい。ごく限定的な条件を定めてしまえば、その条件内での結果はいまいちだが、他の領域においては抜群の記憶力を誇る人などを見落としてしまうことになる。

 日常生活に支障のないレベルの記憶力があれば特に問題はないだろうに、そのレベルにある人たちを、記憶が良い悪いなどといちいち細かく指摘してオロオロさせているのは一体何なのか。また、記憶力が良いということはしんどさでもあり、完全にボケてしまうのは確かにこわいことだとしても、老いが深まるところまで深まった後もまだ記憶がしっかりしているというのにはまた別のこわさがある。

 何かを憶えているということにここまでしがみついてしまうのは何故、いや、何なのだろうか。昨日の夕食を憶えているとしたら何なのだろう(そんなこと、小学生の時に気にしていたか?)。よく分からない。

<387>

 君は、ここに立って、数百数十年の重なりを聴いている。

 君は、ここに立って、数百数十年の、静かな流れを、集まりを、蓄積を、その胸に納めている。

 秘められた、その言葉のために、いちどきに、数百数十年を語り出せ。タイミングなど、問題にするな。私がそうしたように、あなたが、語り出せたら、君が、語り出せたら・・・。

 あるときは朗々と、またあるときは訥々と、どもりながらでもいいから、何かの代わりではなく、その音の全体に全的な共感を覚え、奔流の賛美者となって語り出せ。なるべく、誰も聴いていないという素振りで、なるべく、ここから遥か、遠くにいるものに向けたつもりで。後ろを振り返らない一滴となり、君は、暗闇のなかから、無言の歓喜、称賛を見つけ出す。語り出すことで、一度もおそれを外せないのだとしても、その短い時間を越えないで、ひそかに語り出せたらいい。

<386>

 どこに戻せばいいのか、いや、何か知らないところへ持ってくるのではなかったのだ、が、状態の変化があまりにも速すぎ動きすぎ、ひとたび巻き込まれれば、なす術もない。何も出来ないところで一応のことは考えた(そこではどうにもならない)。その一応は考えられたことが流れには関係した。友好的と捉えられたかどうか、ともかくも効果的ではあったのだろう。少しずつ取り少しずつ捨てられ、残っていたりなくなっていたりということにあまり重きを置かないでいいから、途中で一旦休憩だ。断片なのか断片と見ているのか、どわっと漏れ出したものは存外にゆっくりと動いていてどこを基本点としたらいいのか見当もつかないが、それで別に嫌な気はしなかった。二度と戻ることはないという言葉が爆笑を誘う。当たり前だと思ったからではないので、要するにではこれは何なのだ、ということだったのだ。

<385>

 ひとつの悲鳴? そう、あっちだ! 情けなさが歩みを絡ませ、しかし加速する。全体がこの夜気の涼しさや緊張や快適や、激しい不安らで満たされて、空間と私と目的地と、その距離だけに慎重な祝福が用意される。

 どこまでもどこまでも天井の見えない浮遊感の中に重苦しさへの着地を嗅ぎ分け、気ばかりが急く、そんなに滑稽で遠慮がなくて生暖かいのが全体に傷だ。ああ、こんなところへは向かわなければ良かった、の獲得! 見込み通りの熱帯、夜、夜、夜、や、や、やややややや約束と、違っているのは身体の(身体の?)気怠さ、暴発したお喋り。

 過ぎたお祭り、というの? 感触はなく、基本位置はなだらかさと共にここを去る。予感と言えどもただの勘以上のものか以下のものか風景から判断と姿を消し、残すのは課題の鮮明さ、次から次へと舞い上がるステップアンドステップそしてドキドキと、急いでいるだけの恍惚を、こちらへ寄越しては返す寄越しては返す。

 穴の穴の底ここから私が覗いているのでなければ無だ。回答は、冷静に返して、喜ばれるかな、喜ばれないかな、関係なくはないのだが、気にする訳でもない、それが自然で、伝わらないのは言葉がないから? あったらあったでまた迷惑になることに変わりはないが、ひたむきに走れひたすらに走れひた・・・と、とにもかくにもここは動いていて、そう・・・動いているのか? 訊いてみたとしたら誰なんだ。