<779>

汚してはならぬ場所に囲まれて、わたしは、記憶を使って息をする。喉にただ、頑固さと、走り回った映像がうつり、それを、幾度となく通している。 影には影の、例えば、問い、があった。あきらかにしてしまえば終わりも何もなくなるのではないかと。まして、…

<778>

えぐれを読め。えぐれを意識せよ。えぐれを意識すると、ただめくれていく一枚々々の私のことを思える。嬉しい匂い。過去にここまで見えてしまったことがあるのだろうか。無の構えでどこまでも吸い上げていこうとする響きを感ずる。お互いの腹の中より大きな…

<777>

ああ、そうだろ。当たり前だろ。一致していないんだ。誰だよバラバラに喋るんだろ。 夜、よぎってはならぬものとともに、極めて自然に言葉を転がす。ところがその、柔らかい顔のなかには、未知の、それ自体爆発しか期していない、混乱した匂いがあった。ひと…

<776>

ここからまた、申し出は申し出で小さくなる。顔を覗かす。故と言われているが、どうだ。どうにでもならざるを得ない。特別な物事のようで後は綺麗だ。割れていく。どうであれ割れてゆく。苦しげで、物音と。 さがるばかりのなか、思い出したところで拾う。俺…

<775>

もう一枚内側で、空気に触れていると思えた。独自の香り。収まるところへ、上手く収まっていないという考え、むしろよく動く。唇にやぼったく淀みが、挟まって押したり引いたり、あまり力も入っていないようで、どこへでもパアーッとひらけていかないか、な…

<774>

広場の隅の隅のなんでもないところへ小さな渦を残してきた。一言一言を置いていく様は誰が見ても可愛かった。一心に巡ることで始まりと終わりを分からなくする。誰かの番などここでは考えられなかった。 そこでいいのと訊かれる前も、後も、残された場所から…

<773>

あなたの言っていることが分かれば分かるほど、隠すものが増えてゆく。これは無用か、あれも無用だ。むろん、考えているほどのことはない。別れながらもまたひとつところに留まる。何かに対して急いでいる。 ここに長い時間倒れている。土に埋もれている。あ…

<772>

ただ、余計な事を言って、笑ってそのまま流してしまう、それを時間としてひとつくれと思った。頭では幾回も興奮している。そうして割り込んで、普通の道筋に侵入して、 ううん、なんでもない と、ただ一言笑うだけの時間をここで拡げてくれろよ、と順番に呟…

<771>

あ、あ、そうして、そばへあたれ。言葉へ、やがて、開き直った目に、剥き出したらそばへ寄る。ただの今、たった今、透明の裏側へひっくり返った。何かに、かけて、溜め息を放つのではなかったし、遠くにかかっても、間で私に何が分かる訳でもない。 そら挑め…

<770>

勝手に走る。言ったことは混ざる。誰かに似て、真面目にいくつかを求められている。君は振る。一斉に走る。角からちっぽけな不思議さが現れて必要不要の掛け合い。そこでくすぐる。 何はなくても強くなりたいんだ。目的は分からない。私乱暴になることはない…

<769>

絶えず左へ、右へ、揺れていく運動に対し、考えが余計なものとして常に、侵入し続けるという形。私があれこれ、言いたい放題のことを言った後、必ず最後でどうしようもない違和感を覚えることからも、それは。つまりただそれだけでは納得したくない気持ちが…

<768>

それから、上を見る。わずかばかり私のそばまでこぼれて来て、軽く拾い上げると、静かに噛む。かたい、何故か名前が流れてくる。ひどく呼んだ。それで、この場から出てきた。よく似合う。それから隣に並んだ。どうしてもからかわれる必要があった。ひどく笑…

<767>

あなた、誰かに顔が似てますね。いやですよそんな、ほかへ行って言うのよしてください。ねえ誰かの顔に似てるだなんて、そんなふざけた話がありますかしら。あらやだ、ちょっと目と鼻と口の数でも数えていたらいいのじゃないの。誰だって顔でさな、似まさー…

<766>

いくらかの片側。そこは名付けた通りの角になっている。人々が、なにやかやがやがやと現れるだけ、一向にあちらを見ない。要するに、どこへ向かって流れ出せばいいか、分からないままで順番に歩き出してしまったのだ。 どこへ行くの、さあ。ならば、どこにあ…

<765>

あなたそちらお邪魔 丁寧な声だった。聞こうものなら、そばから消えてゆく。ところで行先は私、訪ねたらしばし、近くの声の通りから幾らも隔たらないだけ、見通し、夜通しふたつの顔を行ったり来たりする様をその目に灼きつけたかと思うと、暗い。とぼとぼと…

<764>

嘘は見えない。ただただ目を開けて、遠くの影を眺めろ。雄弁だ。舌で、あればあるだけ、舌を舐めている。感覚は私の外へ出てゆく。わずかながら残る、味とも言え、忘れたのあなたがしたたらせた。 大がかりで、不機嫌に、横に並んで眠る。なくなり方が嘘みた…

<763>

私は小さな言葉だ。当然そこで聞こえている。私は、小さな言葉になって、ひらいた窓からぎこちなくこぼれている。徒につままれて、いちどきに表情、ただそこは曇り。ひとつかむとも知れぬ、なごりのない揺らぎ。 いくらでも滑り慣れている言葉へ両方の手を乗…

<762>

ひとつの通りを、声のまま渡って行って、適当なところへ落ち着くと、もう元へは戻れない。いやしかし、こうしてまた同じところへきているのではないか。それはそうだ。しかし、戻ったのではない。どこかで見たことがある。見たことがあることすら、新しさを…

<761>

見事な目線のなかに私がいる。いつかは知らない。きっと、話しかけている、から、そのそば、わざと、当然に疑問、それぞれで応える。混ぜ合わせながら足音を拾った。振り向いたらカラだった。 わざとじゃないのったって、穴。スポリ、とはまれるのでなく、私…

<760>

ひとつところに留まっていなければならないような顔をしている。しかし、私と外とは関係だ。何か訳の分からぬ動きの出てきたときに、そこから少しずつズラしていく必要がある。それはつまり戻すということだ。戻す、と言っても、ゴールに戻すということでは…

<759>

ここがまだ外、ここからうかがうことが出来、かつ、きれいなもの。誰かから声がする。奇妙に、覆うとも、払うとも知らず、そばへぞろ、ぞろ、ぞろ。確かに寄らせ、分からせ、今すぐにでも走る、うかれる。 無音のなかへ出て、大きく停止する。動くつもりを持…

<758>

なにげなさ、と私でふたり。まるで関係がない。片付けられると、すぐに、充分な雰囲気のなかでまるまっている。後には誰が続くのか。応える人は、どこか遠くを見ていて、通常の声とて、転がって、どこへ。 あらかじめ集めておいたはずのものとの語り。お望み…

<757>

いきなり、ではない。ただひとつごっそりと抜け落ちたあとの立ち位置で、述べるにしては長たらしいものがあった。一から十まで、その途中に何の漏れもないこと、そのいちいちに疲れていた。今考えればそうだと思う。 全くもって別のものになりますよ、承知で…

<756>

とにかくも、立ち上がった。やたらに静かだった。俺は、何にもない一日を思い出して、これもまた静かだと思ったものだ。別れと、ふさわしくないものに、突然、弱々しさと風が当たりはじめる。ああ、今度もまた、俺の年齢がない。 例えば、全部が全部、このた…

<755>

お前の横で、ハタと倒れたところで、お前には見えていない。どうしたものか、考えるそばから、わざと集まる。苦しさを、知らないと言っては笑ってしまうし、知っていると言ってもそれは同じことだ。いとも簡単にくだらなくなってまたすぐ始まっている。 訳を…

<754>

続々と誘う、誘われる。これがともかくも案内された表情だったことがひといきに分かる。分かりましょう、今度もまた今度も。なるほど、ひっくり返しては、目の前にある、弾みがちな言葉。全部が全部に触れている。 わずかの隙間でも、どうでも、おそろしいば…

<753>

あしたまた語らせにしたまま、とても、長い、長いゆき方がある。不足ともまたかかわり、わざと、どうでもよさと一緒になってみたり。わざわざ感情にかかわらせる辺り、いまいちスムーズに対する疑問があるみたいだ。 誰かが角度を言った。それに合わせるだけ…

<752>

たね、まかる。まかると、軽い。たね、まかれて、かぶさる。ことごとととも、まじわり、恥ずかしい。たねごと、飲み下して、またたね、少しだけのぞいている。たねとて、見ている。たね、まかる。だれのほう、だれのほう。飛び上がるくせ、また訪ねる。例え…

<751>

影にあなたからかかり出す。ところでこの、ことわりは。ただ出た、それも言葉に対する、曖昧な笑み。拾うのと、ほとんど同時に、違う顔をしていなければならない。ただの不安からいつでも呆れる用意をしておく。 わざわざある。知らずと言えども、わざわざあ…

<750>

ひとりの短い雨が水底からこちらをじいと眺めている。無闇やたらに照らした手当たり次第のひとつがお前だ。お前が、いまひとつ乾いている必要があるそうだぞ、と、誰にともなく語ってきかせていた。 当たり前と、肌と、触れ方と。呼吸の私、呼吸のあちら。な…