<660>

うたぐり片方と、私たちだけ、内緒、よ、そ、の存在。快調と、言わば快調と、片づけて向こう向き、分かたぬ分かちたい分かれる、その、また明日にでも、ひっそりと息にかかわって、なるたけ長く、なるたけべったり、もうどうしようもなく、もたついて、丁寧…

<659>

股のあいだから、顔を出せなかった。苦味はなく、突然現れただけで、何が何やらと順番に身体へ、押し合いへし合いしてくるもの・・・。 「まるで予感していなかったとは思えず、ひととおりやってみないと分からない・・・」 あたまかたまる、またね混ざる。…

<658>

内側から覗いている。たかが、たかが私のことだと静かに動き、開いてよ。またうそみたくうごめいてよ。 「回答のひび割れ・・・」 むしろ、眺めるものとて、あたらしく笑う。今では、ふわふわ、と無警戒にも、適当な湧き立ち、大層なうつろい。 「もともと、…

<657>

淡々と、おや淡々と進むものに、ついていったりいかなかったりして、これは暗い、しかし寂しくも、怖くもないトンネルなのだと誰かに語っていて、いや私も誰からかそう聞いていたのだ、から、ともかく歩いた。質問もなく、疲れもなく。 「例えば、重要だと思…

<656>

関心は関心で破れいで、立つとはなしに立つ私。身体を、もっともっとと急き立てて、の後押し。欠け落ちたのは、視点なるほどと、並ぶ声。 どこかに戻るのでなく、反応が素直に出で、衒わないのだけならば。 「衒わないの?」 素直に出て来すぎだから考えたら…

<655>

ない、無し、ただ、これであるため、ここだけは、精気を、気持ちを失っているように見える・・・。この場に判断はそぐわない、はずなのだ。だから、 「わたくしの目は・・・」 あなたに感情を知らない。何訊ねられるとも知られず、交わせず、交渉という役割…

<654>

かなり、いつもの、遠慮。これも現在、一言で済む、と、高い難しい、別れ目の前で、蓋し、蓋をあちこちから集め、て、い、る。はねまわっている。 はねまわっている、また叶っている。何が、何とや、ら次々、次々、肩口、窓にも口があり、一時期、ふた文字、…

<653>

かつて、あの辺りに、残っていた紙屑、あの灰、匂いの消え入りそうな、ただ私にだけ、僅かに感じられると信じたもの・・・。ゆくり、ゆくり・・・。間違いのなく、やや、熱、噛んで含んでいるよな、遥かな、熱、また、あらわに。あくがれ疾くすぎてわざわざ…

<652>

理由が、理由がめちゃくちゃであるのよ、と言った。例えばあなたがそこから見ているのだとして、私はここから見ており、また別の人は、違う位置からある独特の感覚の下で静かに見ているのだから、現象がめちゃくちゃになって当然であり、それは理由が上手く…

<651>

落ち込むときは、そよ吹く風の向きを見留め、そこで共振しなければならない。そうして初めて表情は生まれるのだから。待合場所は動きを減らし、そうして駆け足の音を聞かせる。訳もなく走り出してきたのが、本当に馬鹿みたいで、ムッとする空気のなかへ、言…

<650>

頷けなくて、また、どうなるのだろう。小さな報せを感じ取ると、またたく間に疲れてしまって、とっておきの、その驚かせ方が、内証を内証らしく受け流す間、瞳は、いずれも、かたまった期待を抱かせるに充分なだけの光を取り込んでいる。はからいはいつも過…

<649>

音になり初め騒いだところの暮らしよく見ている天井愚かなことごと何かで知らせろい混沌とたがわぬなけなしの像よ。おちょくられた明らかな表情よ。肩の側からなぶるだけなぶられて黄土色の風景そこにひたすら吸いこまれて諦めるよりほか立っている。 「ここ…

<648>

通り過ぎたはずのもの、克服したはずのもの、ぬうと立ち昇る姿、あれは、私と同じ顔ではないのか。忘れていたはずの、自分はそうではなくなったと信じていたはずの、そのかたちがあまりにも似通っていると、対処はだんだんと怒りに、しつこくしつこく近づい…

<647>

思うと、常に、新しい。容れ物が、次々に次々に、何故とは言わず、我なしでも済まず、見送りに、立って構えて、わざとらしさの。加わらいでもよい、よい。沢山と和み、私ひとりと、もてなし。感情だって用意が良いと、頭がなくてもポコポコ、ポコと生まれ出…

<646>

「馬鹿じゃないのかしら」 あなたはふと投げて、ここでまろぶ。ちょうど、暖かさだけが涙になり、一切が緊張を伝った。長々、と、眺めたければ、眺むれば・・・いいのだ。昔、見たときと、そう、気にしているだけに、新しい顔が、何度も、何度も、そよ風のそ…

<645>

輝く冗談にかまけていて、確信と方向だけが分からずに去ぬ。あーそれ見ろよ、あくびと同じだけの整列が回っている。 「当たらぬ、当たらぬ」 きっと、不安を感じる前にシュートして、場所柄にもなくウキウキと舞い上がってみたとでも、話したげな刻限の会話…

<644>

ひそかな隙間から、こちらを窺うもの、魂の外にあり、 「また違ったものと、まるで違ったものと受け取れるようですよ」 と、何の自信も、不安もなく、おとなしく告げている。なんであろうか、おとならしい、この映像以外である、ということが、次から、次か…

<643>

お前、の、座ったり上がったり、お前、の、座ったり上がったり、お前、の、座ったり上がったり、それ程でもなくはなから慰められること、とともに流れてくれれば、よく、見えているはずとなるのだ。この間、久しぶりだろうと、眺めて、いて、確かめるつもり…

<642>

当たり前が少々を追いかけている。あた、当たり前が、少々を、追いかけること知らず(当たり前でしょう?)。ハナっから、なんだか、頭っから、なんとか、伺いたいよと澄ました顔が、私の、前から、徐々に、徐々にまたイメージへと還っていく。薄さ、残る風…

<641>

かかる音で流れ、待たれ、渡れなくもない、とわざわざ言うと、後でまた、おい、みい、たあ、なあ、とまず自分なりのおどかし。おど、おどおど、どこで絡めようか手に、手になるほかはないのだ。今度ばかしちょっとまた、確認したいことがあるのっさ。 「やっ…

<640>

どのように、訪ねたのかが、分からない場所で、ひとり、小さく、立っていて、ここいらのやけに静かな、風という風が、頭のなかで、動く、動く、動く。 「はて、なかなかに、聞いたこともない・・・」 うと、うとうと、あたらしい、この頃の、強い、渡り方、…

<639>

つまり、区切り方の問題だ。あの男は存在する。ちょうど、家の場所、というか区切りを、2メートルほど横にずらしてしまうみたいな。あなたが思っていたそれは、家ではありませんよ、などと言ってやる。そうして壁の外になる、壁の外にいる。あはは、見えな…

<638>

「あらやだ」 歩く、歩くと夫人の前に、これは、なにか? その男は不思議な立ち姿で、微妙に揺らいでいる。 「はて、この人は生きているのかしら?」 当然とは言えない、疑問ようのもの。しかし、その言葉を発させる、なにか。 (わたくしは、もはや生きてい…

<637>

遠のく、当然、遠くで、ひとと、あなたに、訪ねる、歌と、また・・・。このところこと、ひとりごとろ、ごろごろ。重ねて語りながら私、頭がなし、なんとも、なくて、これから、良かったなあと言うて、みてみて。大人が、言葉が、なんだってんだって今度も、…

<636>

一度、一応、向き直る人。どちらをも向かない話、極端な話、充分なかかりあいのなかでまた混ぜた。そこだけでもよく見ている人と隣(そうだ、私はよく見ていた)。うきうきしながら、下がっていって見るともなし、見る。およそ当然の影、何やら、簡単な挨拶…

<635>

低い低い言葉よりの、そのまさか。お試しあれ、嗅覚と、緊張、より緊張感。遅れて、出てきて、目立たない。そのかわりといっては何かが、はたき上げ、窓のよこちょの、お手本としたいぐらいだなこの空気。 あたかもここが、ゆききった場所であるかのように、…

<634>

むうう・・・。むうむう、ふー、それと、お互いで、よいよい、などと、からみさわぎ、わざとらしい。お手のもの、まだ、技の只中、あちゃちゃこちゃ、どうどう、不用心とこ、のその兄弟。得どうぞ得どうぞ、えて、えてえて、えてしてどうぞ。かき集めたから…

<633>

ガタガタガタガタと、鳴るよ歯と。まあ立たねえ、俺あこの歯、どこに立てているんだいえ。打ち合わす音じゃあねえかよカチ、カチ、カチカチ。歯が、歯が並ぶよ。並ばねえと、並ばねえと噛まないよ。噛めないのじゃなく噛まないよ。どうりで噛み合わねえと思…

<632>

一度、漏らしたことは、いつかと、同じ姿であるのかもしれない。ここに、私を回転だと、思わせる、不思議な流れがあった。ただし、回ってるものはいた。それはなぜか、同じと言われようとしている。 「そうでないと、私は解散だ」 それが危機である、という…

<631>

「ねえ・・・苦しそう・・・」 そこの通りで、誰が? 呼びとめた際、一昨日の混乱を前にして、ひんむいていたよな・・・なけなしの景色が。 随分と、知っている事を、話して、飾らしてくれるじゃないか。応答の程度、振り返りこちらは、おや・・・。 「この…