2018-01-26から1日間の記事一覧

<460>

惑いであるもの、その中心に、強かな私が映るはずもなかったが、その歩みという歩み、前進に次ぐ前進が、ひたすら全体として現れ、また、部分を掴みあぐねるなかで、混濁の中心に光るものは、滑らかな目。平たい、冷たい・・・。ああ、全身という固定が煩わ…