2019-01-20から1日間の記事一覧

<823>

かずえ歌は続く。それはぼうとした、夜(よ)の入(い)り。 まるでお互いの意識は、寂しく融け、方向性のない、剥き出しの音へ、全神経を集中している。 ひとおつ、ふたあつ。 飾り、必然性の匂い。暗やんであなたの恐怖に似た手、が、明かりの下で、ちらち…