2019-03-18から1日間の記事一覧

<886>

それは、ヒ、のあたたかさを私の時間へ、私の眼の方向へ揺らそうとするそぶり。 昨夜くだかれたものが、何食わぬ顔をして静かに歩き出していることの安心感。ついに私は、似合いの粒子になって言(こと)の細かい事情のなかへと静かに流れ込んでいたのだ。 …

<885>

未踏が・・・「み」、未踏が、そも私の名としてあるとき、私は影のなかでアヤしく震えている・・・。 名前が何なの のなのかをか 私何私の誰を るが前名か誰 いてげ告がか るいてげ告が ある日、緑のなかをゆくあなたに、私は不安定な投げかけをおこなってい…

<884>

い 青 い ま す こ ア 書 訳 空 す キ マ や 滑 訳 み 未 焼 ユ 頃 カ や 活 火 す あ 惑 と 文 こ な す ぼ 達 彼 凪 ビ 謡 ハ 知 リ わ よ 子 く な と ご 揺 ビ 浮 由 押 ヒ そ 目 と も ト シ わ 阿 か 隠 子 ム ユ サ 子 来 目 う 意 座 惑 か ワ く さ…