2019-03-23から1日間の記事一覧

<892>

めまえで手やふるえ手やふるえ、わずかなイ・・・(イ、イ)、身振り。激しくひらくと、喉の透明な相槌。うつろはわたしの後ろへ控えていて、さらにここは、言(こと)は、とゥ、と、問う。 ものも鮮やかな、ましてや、私のヒ、沈みまた、丁寧な熱と、にもか…

<891>

ふわりと浮いた。風のなかで手が湿っていた。 私がところ絵、ひとつの会話体、まだしも騒音。 それは、かき混ぜられた風音(ふうおん)の一呼吸一呼吸。 私が現実の音(おと)に静かに耳を寄せ、なおも、風となる一連の回答以上のものを見出せないとき、素直…