<360>

薄暗い景色が徐々に暖かさを持つ、その空気が私と関係になるのだ。かえってそのままどんどんと流してしまったことがよく記憶に残り、細かさは細かさとして気紛れにここへ現れるし、現れたらいい。何が嫌なのか。私が溶け出していくというイメージでは何かが…

<359>

本当にやりたいことならば、必ずやっているはずだなどと、あまり簡単に思ってはいけませんよ。ええ、やはり、我慢しているはずです。誰に頼まれた訳でもありませんが、もう少し我慢している方がいいのかしら。どうだろう。 本当にやりたいことが為されないと…

<358>

振り返らなければならないことは何か。点検しなければならないことは? こうした余裕のあるということが、最後であるという事実と上手く一致しない。ああ、全てのものは流れて行ったのだったが、頭の中でひとつひとつを取り戻すまでもなく、大量に引き戻され…

<357>

最後の夜だ。決定的に何かが足りていないのだが、それが何かは分からない。具体的に数え立ててみれば、その作業にいつまでもかかってしまうような気がするし、それならもう、足りていないという考え自体が間違いだろうというようにも思えてくる。ともかくも…

<356>

何よりもまず、熱に浮かされているのかもしれない。動くのが億劫なので、同じことが何度も何度も頭の中で繰り返され、静かな音になり、終点を見失ってだんだんに身体が温かくなると、不可思議な眠りと時を同じくするのだ。どうせいつわりの温かさだ。しかし…

<355>

関心と無関心を同じ位置に(高さに)据えたいのだ。良い方と悪い方という捉え方でなく、関心と無関心が同じくらいあることによってその場が安定するというような。絶対に皆が関心を持つべきだと信じられている問題においてさえ、本当に皆が皆関心を持ち出す…

<354>

どうにもならないぞ、というとき、 「どうしたらいいですか?」 と、そのどうにもならなさを他人に預けて何とかしてもらおうとするのは良し悪しだ。そうすることによってものが開けていくこともあるから一概に悪いとは言えないのだが、自分の判断や決定の領…

<353>

これだけ魔性であるからといって、何か支障がありますか。一度きり駈けたらいいでしょう。よく燃えているものと聞きますが、私もそう思います。全身溶け出して、そこまで染み入ってしまったとして、何か批難されなければならない理由がありますか。永遠を丁…

<352>

ちぎれていくものを、ひとつひとつ掬う私は、苦みでなくて何なのでしょう。振り返ると、目の回ることばかりで、むろん振り返らせるものがあったのには違いないのです。記憶というものが頼りなく、また正確で、もう片方に立った人が誰か過去の人であるという…

<351>

死んでいたと思いましたが、良かったですねえ。はい、生きていたと言いましょうか、生き返ったと言いましょうか、どうなんでしょうか。いやあ、大変嬉しいですよ、あなたはてっきり死んだとばかり思っていました。えっへへ、まあ・・・。しかし、死んだと見…

<350>

絵は家で見た方がいい。そんなに何枚も何枚も置いておく訳にはいかないだろうが、どうしても見ていたいものは、たとえ本物でなくてもコピーでも何でもいいから家に置いておいて、そこで見た方がいいと思う。 そんなことを何故考えるのかといえば、美術館や、…

<349>

器を器として成り立たしめるものは、調子の良し悪しを確かめる素振りもなく、すっと侵入してきたかと思うと、たちまちにもうひとりを存在させてしまった。調子を無視するのは形なのか、内容なのか。ともかくも、雄弁な語りが腹部を渦巻き、挑発的に駆け巡る…

<348>

旦那は幻影を追っているのだと、あまりにも安易に言われた。言われすぎた。しかし悔しくて、むなしかった、悔しさを捨て切れずにいたのは確かにせよ、幻をいつまでもいつまでも狂ったように追っているのではなかったと私は思う。その道行き、届かないものを…

<347>

どこまでも沈んでいく声。頼りなさを駈けていく。鈍重な眺めよ、寂しい通りにひたひたと何もない。預かっておいた快哉は、使う場所を持たされたように笑って、なんとなくそこに立っている。眠られぬ気持ちをただひたすらに慰める。暴動の日常性、しびれさせ…

<346>

分かれてゆく。一体の中心となったらここはどこなんだ? 考えたこともない者どもの尋常な視線を受けて緩やかに方向が変わっていく。それが先だ。俺をここから追いかけているのは誰だ。分裂の空中、優しげな笑みを差し、翻りつつ昇っていく。ぶざまにあちらと…

<345>

そこにシステムを見ることが出来るだけであって、システムそのものがそこに存在している訳ではない。それをごっちゃにして、システム通りに動かないのはおかしい、その通りに動くよう努力しなければならないという話になると、何かおかしくなっていく。どう…

<344>

「これは贈与ですよ」 というのは建前で、実際は交換であり、もらった瞬間からもう、何かを返さなきゃいけないと考えなければならなくて、また仮に返さないでいると、贈与をしたはずの相手は、 「何も返ってこない!」 「あの人はこういうとき何も返さない人…

<343>

尊重と無関心は紙一重であるというか、ひとつの器の中でぐちゃぐちゃに混ざり合っていて見分けがつきにくい、あるいは既に何か混ざり合った末のひとつのものとして存在しているような気さえしている。 他人を尊重していると言って、自身の無関心をなんとなく…

<342>

無関心であることは罪である、無関心が人を殺す・・・。なるほどそれは間違いではないのだろうし、そういうところも実際あるのだろう(ただ、全面的に合っているとは言えない)。では、翻って関心は人を殺さないかと言えば、殺すのである。しかも無関心と同…

<341>

ねえ、平坦ね。あまりにも平坦じゃない? どうしてそんな顔して怒るのかしら。優しさが急速に巡って酔ってしまうのね。関係ない? そう・・・関係ないのよ、アハハ。ねえ、もう一度取ること? いいえ、取らないわ。強引な逃走に跡も何も見ないつもりですもの…

<340>

何だ、部屋の中をぐるぐるぐるぐる回って、制したい気持ちがまるで濃厚なケーキか何かのように全身を経巡ると、早く溶け出したいような様子で椅子に跨る。跨り続けて説明を必要とするのだ必要としたいのだが、私に解決する術は残されていない。悲しいかな優…

<339>

どこへ訪れるか、何かを待っているような人がひとり。何だろう、停留所などの、待つに相応しい場所にいる訳でもなく、ただの道に、そりゃあ居てもいいのだが、誰かを何かを待つというのにはちょうどよく相応しくない場所にいる。待っているのではなく、止ま…

<338>

街角になりそくねた風、その夕べ、にれーっとした道を見渡すと、あれ、感情満載の行進が、左へ寄り右へ寄り、飽きることなく両の手を・・・。目には甲乙つけ難い力。夢の先まで後戻りし、無警戒、堂々巡りの回転扉に優しい挨拶を託し、息せき切ってゆく。諸…

<337>

真剣になるのは、なにも真面目くさっているからとは限らない。真剣にさせずにはおかない対象があり、真剣にならずにはいられない空気があり、そこに入るタイミングがありと、別に楽しい訳でもなく(本当か?)、苦しい訳でもなく(本当か?)、そこだけに視…

<336>

遊び(遊戯から、余裕などのことまで含める)を取り戻すということにも当然興味があるのだが、遊びが失われていく過程、失われていくこと自体にも興味がある。ふざけているだけでは駄目かもしれないが、遊びがなければ物事は硬直してしまい、上手くいかなく…

<335>

何かを学ぶとき、ひとつの本で済ませようとしてはダメだ、というのは、別に怠けているからだとか、ケチだからとかそういうことではなく、連関させないと物事はよく見えてこないということなのだ。あっ、ここで今見ているのは前にあっちで見たあのことか。あ…

<334>

心地良さと心地悪さが速やかに入れ替わって渋滞を作らない。何かが通り過ぎた感触と、興味のなさそうな風が流れ、捉えられたものを放り出す。いつまでも立っていてもいいが、そこには何も、本当に何もない。仕方なく、心地良さの痕跡だけを辿ろうとするが、…

<333>

偉いねえと言われる立場にいることにも、言われない立場にいることにも、同じだけのずるさがあって、それをお互いで承知しているから、立場の違った者同士で会ってもただヘラヘラし、ごまかし、お茶を濁すだけなのだが、どちらかの立場にいればずるくないと…

<332>

賭博なんかに手を出して・・・破滅するぞ、と言うその気持ちも分からないではないが、というより、そう言うしかない部分もあるのだが、破滅を目指すから賭けに身を投じるのであって、そこへ来て破滅するぞという警告があっても何の音にもなっていない可能性…

<331>

壊れていくものである、ということをどう捉えるのか。故に何かをすることを放棄するというのもひとつの態度であって、正解とか間違いとかではないが、壊れていくものである、それはそれとして別に何かをしていくというのもまた、ひとつの態度である。次への…