読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潔く謝れない人は嫌い

怒り

 私が一番腹が立つこと、許せないと思うことは何かということを考えたとき、やはり、

「自分に非があるにもかかわらず、素直に謝らない」

という態度だ、というところに落ち着きました。

 それはひどいな、あんまりだろう、ということを指摘したときに、何故潔く謝れないのでしょうか。また、謝るにしても、

「すいません」

ではなく、

「悪いとは思っているよ」

であるとか、

「ごめんって言ったじゃん」

などの「言い訳」を追加して謝る形を取られると、それについてもまた激しい怒りと、違和感を覚えます。「言い訳」のなかには、反抗の姿勢がいまだ根強く残っていますから、それによって謝罪に含まれる「反省」の要素が薄まってしまっていて、全く謝ってもらっているような感覚を得られないのです。

 ですから、反対に言えば、何の言い訳も付け足さず、素直に謝れる人は好きですし、私自身もそういった人間でありたいというように思っています。また、さらにその反対で、潔く謝れない人(中には、明らかに非があるのに、いままで一度も謝ってくれたことがない人もいますが)に対しては、無理にでも謝らせようという気持ちは無いものの、今後もずっと謝ってこない限りずっと「嫌い」であり続けるだろうというような思いがあります。