読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲情を悪者にしない

 日頃から私が書いているものを読んでくれている人、そして私に近しい人ならよく知っていることとは思うが、皆が当たり前に馴染んでいっている性愛関係というものに、どうも上手く馴染んでいけないという悩みを、私は持っている。

 おそらく、上手く馴染んでいけない理由は様々あると思うのだが、そのひとつに、

「欲情を悪者にして、分けてしまった」

という理由があると思っている。

 誰に言われたのか、教わったのか、そもそも、言われたり教わったりしたかどうかも分からない、

「ただ欲情しているなんてのは最低で、異性を好きだという気持ちはそういうものではなく、もっと綺麗で崇高なものだ」

という曖昧な常識みたいなものを、疑ってみもせずに、よく考えないまま受け容れて、自分の中の欲情を悪者にし、純粋な好きとは別のものだとして分けてしまったのだ。

 しかし、そこを分けた結果として、

「純粋に好きだ」

という感情に出会うことは一度とてなかった。それもそのはずだ。欲情は悪者でも何でもなく、

「相手に魅力を感じているかどうか」

を教えてくれるセンサーのような役割を担っているものなのだから、そこを分けてしまうと、センサーをまるごと失ったかのような状態に陥ることになる。それでは誰が好きかなど分かるはずもない。

 悪者は欲情それ自体ではない。思うにまかせて欲情を暴力的に表す(無理やり襲う、嫌がることをするなど)ことが悪なのだ。

 欲情は大事なセンサーなのだ。いくら、

「この人は良い人だな」

と思う異性に出会ったとしても、その相手に欲情を感じなければ、それ以上親密な関係にはなっていけないだろう。欲情を悪者にしてはいけない。