読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたくて言いたくてしょうがなかったんだよキミぃ~

 「こんなこと、言いたかないんだけどさあ・・・」

と語るその人は、やけに嬉しそうな顔をして、本当は言いたくて仕方がないのを隠しきれないでいた。

 本当に言いたかなくて、怒りをただ伝えたいだけなのだったとしたら、事実だけをババっと指摘して2、3秒で済ませてしまえば良い。だがそれをせず、

「延々とネチネチ突っ込めることが見つかったぞお」

と言わんばかりの表情で、その人はほとんど嬉しそうに、怒りをだらだらと垂れ流していた。

 それに付き合うつもりも義理もない私は、事実を指摘された箇所だけ、

「すいません」

と返し、それ以外の無駄なネチネチについては、

「この人、今嬉しくて仕方がないんだな」

と、逆にこちらも、内心でニヤニヤしながら適当に応対していた。

 そして、話の途切れたタイミングで、いつまでも付き合う必要がないからと、速やかにその場を去った。