読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃れるように眠る方が

 睡眠の必要を感じて、てろてろとして眠たくなって寝るときも気持ちいいが、眠る必要も全く無く、てろてろともしていないとき、憂鬱さにまかせて、空しい気分に合わせて、逃げるように眠ってしまう方が、より気持ちがいい。

 質が良いのか悪いのかは分からない。おそらく悪いのかもしれない(良いときは、眠っている気持ちよさなど忘れるぐらいに深く眠っているのだから)。しかし、塞いだ気分のさなかに、こんなに気持ちの良いことがぼそっと隠れてていいのかなと思うぐらい。頻繁に入れ替わる、夢の場面もまた。