読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶらかされるとして

 気温に着目して、三本の線が、ジリジリとこめかみの下へ当たった。まるで、今から起床しようとするみたいに(もっとも、それで正しかったのだが)。たぶらかされようとして、しかし眠気は誘った。

 日光を遮る三つのこぶに、やはり誘惑の影とは逆の、眠気を返した。いつもそうだ。

話さなければそうなるような気がして、ホウ、ホウ、ホウと息をつく。何も言わぬ土台で、一つばかり余計に返事をした。もう二度、起きるような気がした。