読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊饒

 染み渡るまで、時間がかかる。このまま飛翔してしまえば良いのだが、豊かに拡がることは、ないだろう。裏の裏まで、内側から中側から、すっかり染みてしまうまで。

 豪雨の貧弱に、落雷の侘しさに腹が立つ。カラカラに絞られた手で、そのままだらりと一群を囲む。石と石との間を、するり、するりとすり抜ける。

 煙になるために、砂はぎゅっと身を締めた。叩きつける、散布する。形もなく拡がっていくこと、染みのことを考えながら・・・。