読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由と自足

 徹底した自由への邁進が、ともすれば破滅をもたらしかねないのと、完全に自足しきるのが難しいということとは、密接に繋がっている、もっと言えば、ほとんど同じものなのではないかとさえ思った。

 頭の中でぶわあと拡がったものに対して、他者の共感が欲しい、他者に説明したい、という気持ちがまるで起き上がってこなければ、そりゃあ自由だ。しかし、これはそもそも辿り着ける境地のひとつとして、端から用意されてはいないのかもしれない。一瞬だけ完全に自足し、全く自由になり得ることはあるのだろうが。そしてそれはそもそも理想の状態ではない可能性が高い。どちらかと言えば、いや、どちらかと言うまでもなく危機だ。

 思うに、危機と一体化することは、危機を乗り越えたことを意味するのだろうが、その状態は逆に、

「世間の中に居れば」

危機になる。