読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固まり

 まったくひと固まりになって、たれも暮らしていないことには。鈴の音を聴いたか、前後左右に揺すぶるよりは。ようやくひとりで聴いた。青く透明な線が、ゆっくりと幅を利かせているように。残らず拾うその中で、だんだんに酔いを増し、ついにはひとりも居られなくなる夜に、控え目な固まりが、ざらざら撫ぜるのだろう。