読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一定のもの

 時折、不調を示すような音を出すのを除き、扇風機が、一定のリズムで回転し続けている。虫の鳴く声が、休む間もなく延々と繰り返されている。

 延々と繋がる一定した音を聴いていると、徐々に中心がずれていく、またはぼやけて霞んでいくように感じられる。長引いた安らぎは、容易に不安へと転ずる。

 危うさを感ずる力も失って、そのまま魅惑に身体ごと委ねていくような。直立する地面を失って、浮遊したみたくなる。