読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分かる

 言語の上で分かるというのは、ひどく初歩的な、あるいはやむを得ない際での最終手段のように思える。なるほど文章というものが、ある程度の文法を守って書かれているならば、それを読み進めていくことが出来るだろう。ちゃんと言葉はこちらへと伝わってくる。

 しかし、言葉がこちらに伝わってくるからといって、そこに表現されたものを、

「分かった」

ことになるかどうかはまた別の話で、文章だけがきちんと最初から最後まで流れているのに反し、全くその中身は分からなかったなんてことは多々ある。

 では、分かっているとき、何を分かっているのだろう。経験からくる共感によって、などは分かるが、同じ経験をしている訳でも、同じ悩みを抱えている訳でも、同じ感情を抱いている訳でもないのに、猛烈に分かってしまうとき、一体何を分かっているのだろう。文章の意味ではない何を。私には分からない。