読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペア

 浮遊した群生。錯覚の美しさ。そこにだけ魅入る。そこにしか見出せない。ペアの落胆、接近の幻滅。酔っぱらった目で、遠くから眺めることを。

 湿り気を帯び、暖かい。ひどく遠ざかるように。怒った後で冷たくなり、また群がりへと翻っていく。薄紫の唇を晒し、金色に滴り落ちる。

 どうりで今日もここにいるようだ。席を外した両隣。あれからもう随分と過ぎた・・・。これ以上、座っている訳にもいかない。ただ、後ろに移ってみるぐらいのことしか、今は思い浮かばない。