読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解釈

 解釈を排そう、排そうと努めているのだから、説明しようという考えを起こさなければいい。説明から遠ざかって、だんだんと、言葉にならない或る感じへと近づいていこうとすればいい。

 人が説明してくれる、これはこういうものなんだと、有難い、しかし、そのものにのめり込んで感じ得る印象は毎回必ず、まるで説明されたものとは違ったものになる。説明がそのものと近かったためしがない。

 ただ、説明が無ければ興味を持たなかった可能性があった、という問題もある。だから、説明が無ければいいという訳ではない。むしろあった方がいい。

 説明を有難うと受け取って、その抱いた興味だけを後は大事に持っていればいい。どういう説明で興味を持ったか、そんなことは、興味をもった後ですぐに忘れてしまえばいい。