<39>

 検索結果待ちで、ぐーるぐーると渦を巻いているようなもので、分からないであるとか、分かったであるとかは、結果が出ている状態なので、何か違うというような感じがする。つまり、分かったと言ってしまうことも早合点であり、傲慢ではあるが、分からないと言ってしまうのもそれと同様な気がするということだ。しかしその、どちらでもないという気持ちを適確に表す言葉がない。

「まだ巻いているところです」

と言ったところで、イメージが伝わらない人には伝わらないだろう。まどろっこしいが、

「まだ、分からないかどうかも分かりません」

と言ってしまうのがいいだろうか、とりあえずではあるが。

 もっとも、そんなことを訊かれる機会も答える機会もなければ、それに越したことはないのだろうが、訊かれたときはそう言っておくことにしよう。いつまでも巻いているような気もするが、いつまでも巻いていますと言い切ってしまうことは出来ない、まだ早過ぎる。とりあえずの現在。