<281>

 その男は空中を噛むと、大胆な太陽を引き寄せた。閉じた目に空間全体として刺さる球体は、出口を探してやや勢いを強めると、覚えず、道案内の白い一筋を裏切って、開かれた目の前で急速に縮まった。横暴を恥じるかのように、微かに呼吸を深くする。それとこれとは何の関係もないと言って、男の懐からはやけに青い好色な男。踏ん張りの利かない身体を猛スピードで降下させ、淡さばかりを作ることに専念した。尤も、それは双方の望んだことではないだろう。立っていられない程の疲労感を自ずから求めにくる様を、道案内がてらいつまでも眺めていた。