<341>

 ねえ、平坦ね。あまりにも平坦じゃない? どうしてそんな顔して怒るのかしら。優しさが急速に巡って酔ってしまうのね。関係ない? そう・・・関係ないのよ、アハハ。ねえ、もう一度取ること? いいえ、取らないわ。強引な逃走に跡も何も見ないつもりですもの。嫌だ、眠らないわ。眠ったっていいじゃない。あたたかな私じゃなくって? そう・・・。ひとつ音頭を取ってみましょうか。霧の晴れるのを見るの、いいえ、見るのよ。落下するものが軽さに取って代わられたってそんなことは大したことじゃないわ。ねえねえ、大それた期待だこと。もう! まるで私が無理やりに走らせたみたいじゃない! そんなのどうにだってなるわ。少し水を・・・。流れに映るのがあなただと言ったってそうは怒らないわね? あら・・・? そうではないのね、下手に見るよりはいくらか良いのだから。渡って行ったっていいのよ。