<372>

 遠慮しがちに歩く道は、別段険しい訳でもなければ、優しい訳でもない。目を伏せるだけよく道の先まで見えるというものだ。誰かが問う、彼らと問う。突然お前は笑い出す。具体的に回復が図られて、大袈裟に調子が良くなれば、なあんだと思ったのだ。

 ひょんなことから、道を見るのをやめている。それにしかも気がつかない。誰かが問う、彼らと問う。爆笑した後かと思われる静けさの中で、調子は率直に見られている。誰が遠慮するものか、してなるものか。余計な配慮というものが明確な朝になるのだ。