<384>

 こうして、表情でいて、出会うとは思っていなかったのだから、もうひとつの目を、向けたのは他でもない、誰でもない。順調な、気分とあなた、睡眠と私。変化が困難を調整し、そんなことは驚きと、浮つきと、現実感のなさとに関係する。

 流れを探り出す。探り出したいと思うのだ。思うからには、厳しい視線と、余分な脂肪、地味な勇気が奔放でありさえすれば、こちらとしては問題がない、集中がない、気紛れもない、間に合わせの空間でない、乱暴な、解散の空気でもない、としたら・・・。

 どこかに飛び出すのだと聞いている。それは、音、音、音でない、そう、オンであれば、いい、なら、なお、細かさの集まりと細かさの意識とのズレから、一致、そうして流露を迎える。僕が従うよ? 誰の為でもない、その踊りの為に? だとしたら、唯ひとつの肉体でしかない。どこへ渡してもいい。そんな考えならば、どこに渡しても・・・。

 今日の口ぶり、慰め過ぎたら、また少し空になる。中身とは言えない、とは言え、皺の作られ方そのバランスに全てを託していて、それでいいとは言えない、とは言え、知れること、知られることはそこまでで、何かを判断してもいいが、そうしなければいけないと決めたのは、冷や汗でなくて何だと言うのだろう。

 消えては現れる、が、イメージしにくい? とんでもない! 笑顔だったはずだが頼りなく感じるのは何故か。確認したはずだが何も分からなかったのは何故か。きっとそれは私のものだったはずだが私のものという観念が上手く掴めなかったのは何故か。何故・・・何故だ? 道である、以上、ひとりの歩みのほかに選択はない。溜め息は、ほんの少しあってもいい。