<395>

 景色が不適当に映ったことなど、かつて一度もなかったが、この有様はどうだ? 私がもう少し気取ったらいいのか? 気取らないことの反応として適当なものがこの、景色らしくもないものなのか? これに、添えるものはあるのか。いやあ、せいぜいが眩しいと言って顔を少しそむけるぐらいだ。大胆か。そうか大胆か。大体が、登壇した瞬間からひっきりなしのお喋りがまた、何もない空の容器をぐわんぐわん襲っている。誰が受け止めるものか、というのは、別に反抗ではなくただの眠さだったのかもしれない。帰る前に少しばかり、外気も身体も冷えてくるのが好きだったが、ともかくまあ、どうして適当な距離を保っていて、景色が押し寄せることを防いだ。大きな、ガハハという声で笑わないでくれ。何故かは分からないがとても怖いから。昔のお前はそう言って、そう私は決してそんな大声では笑わないとそのとき決めたのではなかったか? 随分大きな声で笑うじゃないか。いつ恐怖を克服したんだろうまた、克服して良かったのだろうかそれは。