<407>

 10歳の頃の内部を、技術を、上手く思い出せない。おそらく同様に、10歳頃の自分が、自分というものを延長した先に、今現在頃の自分というものを正確に思い描こうとしたとしても、それは上手く行かずに失敗に終わったことだろう。同じ人物の時間的な隔たりの間には、予想もつかない断絶、飛躍、崩壊がある。

 さて、そのことを忘れて今の自分が、自身の未来というものを想像するとき、自分を延長していった先に何かを見て、喜んだり落胆していたりするのはおかしなことだ。またいくらかの年を経れば、また新たな断絶、飛躍、崩壊を様々に抱え込んでいることは確かだからだ。一体全体これは誰なのだと、過去に向かっても未来に向かっても思い続けていくに違いない。それぐらいに人ひとりの変化というのは激しいものだ。物理的な距離を、実際にどれだけ動いて回ったかということとはまるで関係がない。