<431>

 すると、まあどうだろう。視界を遮っていくものの歓声に聞こえるが、その範囲は広大で、全方位に渡っているものと思われる。こちらも、そうしたら同じように停止しなければならない。

「同じように・・・!」

そう、この覆いは、停止という停止に関係を迫るのだが、快活な笑いと共にあらゆる務めを果たし、それが義務だったと後から聞かされても、とても本当のこととは思えないのだ。

 ふうっ、ふう。ふうっ、ふう。笑いの中に、すっぽりと、収まってそこは暗かった、静かであったが、この色合いは何を指示しているかの考えを、よければ私にください。別に、誰しもの拒絶ではない。それであれば心地良さが、塊の形を探る時間たちは、どんどんと流れて長くなっていく。

 ひとつの想起と、その他いくつかのイメージを、そのままぼやかします。なんとまあ! この通り・・・。