<439>

 大錯覚からの大歓迎の期間が長過ぎるので、反動というか失望も大きくなってしまう。あっ、こいつはそんな奴じゃない、とても皆でいいねいいねと言うような人間ではないぞ、というのは早く気づかれた方がいいのだがそれは分かるのだが、かといってわざと悪態をつくようなことをしても仕方がないというか、それは嫌なのだ。嫌ならば仕方ない、大錯覚を甘んじて受けなさい、ええ・・・そうか・・・。まあ、大錯覚が解ける瞬間というか、ある連続したまとまった期間みたいなものが必ずあって、それは何度も体験しているのだが、何度体験していても気づいた瞬間にはやはり驚く。してのち安心する、ホッとする。

 黙って立っているという状態は変わらないで、周囲の状況だけが変わってしまう。それは、現実の場面が回転しているからだろうか。結局だから大錯覚も回転のその一場面として一定の周期でここに戻ってきてしまうのだろう。不思議なことだが、不当な好評価というものほど肌に合わずにおるものはない。