<451>

 嵐吹きすさぶ、夜がどうしてこちらを見た? 暗さは、人の影を洗い落している。

 

いきりき、ききりき、きいーーーーーっっっ。

 

 ねばたく光る、一息の太陽。これは、夜ではない?

 

いきりき、ききりき、きいーーーーーっっっ。

 

 呼吸が、1,2のリズムで投げられた(それっ!)。

 

 じゃっこじゃっこと日々の鐘。反発と反発とを響き合わせてその、モメントの横。

 

 大概の空は天候を無視している。それで、私にはここが良かったのだろうなどと、音もなく、花も色もなく、ひたすら、ひたすら・・・。

 

いきりき、ききりき、きいーーーーーっっっ。

 

いきりき、ききりき、きいーーーーーっっっ・・・。