<463>

 愕然とするにはうってつけの場所だ。愕然とするには、うってつけの、その場所へ、私を連れていってくれ。連れていってくれたら、そこで次々に立ち現われる顔を壊していこう。

 話が、1日のうちに全て収まった。驚くべきことだ。目一杯右へ左へ、ふざけたり一生懸命だったりで動いてみよ、さすればそれらは1日のうちに収まるだろう! さあ、何てことだ!

 では、あなたが出たらどうなのです? しかし、何から。さあ、どうだか・・・。急な寂しさは一体何を砕くのです、何を、挫くのです? 答えたくはありません、答えが、ないのかもしれません。

 この渦のなかに飲まれて、ともかくも、見ていましょう。ゴウゴウ鳴る音は、その激しさの割に、急いているような感じを起こさせないのです。大変いろいろなもののなかのひとつになっていくようです。