<480>

 分かってもらうって、一体何を? そんな具体的なもの、内容としてしっかりしたものがあるとは思えず、何だか訳の分からない淀みだけが、しかも全体として現れるのでもなくただ漂っているだけのように思われるから、これを、分かってもらったという場合、それはどういうことになるのだろう? それより、そんなことは必要なのかどうかまた、そんな欲求が本当にあるのかどうか、それも怪しい。何故なら、分かったり分からなかったりという範囲に存するものではないからなのであってつまり、あるんだからある、あるからしょうがない、まあありなさいよそこに、というものだと思うからだ。

 ああそうなんだ・・・という、あれもこれもがただの一瞬間なのではないか。くどいようだが、何も分からなかった訳でもない、あるからしょうがないのだよ、というものだ。また、合ったり、合わなかったりということは、そんなにやかましく言わなくてもいいんじゃないか。良い意味でも悪い意味でも、それはどうしようもなかったりする。ならば、確認するべきは、純粋な体調だけだったりする。