<513>

 これだけバラバラのものが、いくつもいくつも関係があると言いながら重なり合っていくんだ、訳が分からないだろう? 俺はとっくにそう言ってやって、視線を徐々に徐々にボンヤリとさせたものに変えていこうと思っているんだ。いや、そんなことを思わなかったかもしれない。ただ、過去もっともらしい場面たちがこちらへ向かってきて、

「どうです?」

「どうです?」

と続けるが、どうやらそれは本当のことどもらしい。それで何かが困るという訳でもない。いっそのこと、それは私などではありませんと言ってしまおうかいや、それら訪問には応えず、ただただ平気でそっぽを向いていようか。あらあら、何かが進めば進むほど、断片が増えて収拾がつかなくなり、分からなくなる一方じゃないかと言って泣くのかしら? あっはは、だったら進まなかったらいいじゃない。もっとも、止めたり動かしたりの権限が、あなたにあればの話ですけれど。そこで何をするかと言えば、私はまず踊ることだと思うのだ。制限されたものどもをマネするとはとんだ趣向じゃないこと? これは阿呆の仕事に違いがない。しかし、笑顔だったり真顔だったりが調子のひとつひとつを上手く表してくれていると思うのだ。安心したろう。私にはこの柔らかさが愛おしい。どこまでも走っていこうか、いやあそれは照れるから一応やめておこう。ただのステップ、ただの呼吸、それが翌日の景色なら・・・。