<547>

 急なもの、穏やかに過ぎて過ぎるもの。回転のそばで渡され、また眺めおくもののそばでひとり歩くもの。呼び戻され、結構結構、交代で笑うこと。その他にはまたとない拍手、またとない期待、まるでない期待、感覚感情。今日から私には納得のいく動きが見出されることとなっております。あなや、兄弟姉妹。何故に普段の行動があちこちでポン、もひとつとばかりにポンポンと出ているのだろうかあなたは、鏡の中で急激な表情の変化とともにあれば。

 いやどうか、長くなり、また一度たりとも現れていないものに態度から何からが渡され、あれこういった種類になったのか、それは確信、いやただの感想。放棄した訳でもないそばからまた逸れてゆく。それは喜び、いやただの動き、検討させる暇もない語り。どんどん渡れどんどん渡れ。あれこの場にはまた有名無名という観念が持ち上がるのだった。何かが違うもの、そこで何かから違うのも、また良きことだそのことが順番に順々に色合いを移す。