<686>

 どうにか気にする、どうにか気にする、なかで、明るい、それも黄色、ぐるぐると回る好きなように。いくらでも話す、として、嬉しい、それも一度、分かるものかどうか、この際、不必要に、傾く。隠れてくあくまで、ただの、雰囲気ただの、ウィンク。

 どうぞ、どうぞそうなって、もうそ、このところ感覚、ってえと、損なって、待って、かって、な風景と今度見た、来た、外でなんと、簡単に膨らんでくなっ、てんで、まさかのまで、来て、みて、いいとこまで、って通せんぼさらに振り回す。

 買いかーぶりから相当流れて今度―私が急に打つ、から言う通り言う通り勘弁したってどこそこまだまだおとなしい、さがふいに、慰め、ゆっくり聞いた。

「あれま、あれま」

ひとつにしたっていたずらに馴染んでる。そう、とうの昔にきっかけとなったとていつまでも、いつまでも動いてる・・・。