<744>

 誰か、今この場所で、突然と言ったのは。だらり、と語らえる。混ぜていて、わりかし、簡単な感情たちだけで淡々と通る。彼から、そのまま、ひとりへと揺すぶられていても、想像の外を過ぎるものはそうそうない。

 いくらでも、と聞こえる。いくらでも、と澄ましていると、よく分からないままの行列が大袈裟な音とともに過ぎてゆく。これでは、あきらかな私のなかで数え切れない表情の代わりをしてくれるとも思えない。全て混ざれば。

 心まで、確かな判断で、慎重に渡すことになる。そう思うと次から次に膨らんだ考えがよく似た顔へと移ってみせる。この期に及んでまで披露しなければならないのは渋さか、軽さか。いや、ちょうどよい遠さなのかもしれない。