<749>

 揺れに沿ってあるのか。ただか、そうかも言えず、一応の果てしなさを待っている。訪ねると、ときどき、入ったりしないような、遠目から眺めても全く同じだとどこか変だと言って、まず歩くのかもしれない。

 重なりに、重なって、見えなくなって、安心している方が良いと激しさで言った。誰かのために固まっているのではないだろうことも。そばから増えていた。時間の必要のなさとともに静かに増えていただけだ。

 長くなりそうな、ところへかけて、いくらでも声を呼んだ。ただ走られにくる。ただなぞられにくる。こだわっていること自体と密かに混じり合わされば、そのときは本来の柔らかさとともに笑うであろう。そのことと、ついそこらの・・・。