<757>

 いきなり、ではない。ただひとつごっそりと抜け落ちたあとの立ち位置で、述べるにしては長たらしいものがあった。一から十まで、その途中に何の漏れもないこと、そのいちいちに疲れていた。今考えればそうだと思う。

 全くもって別のものになりますよ、承知ですと、それでも説明がある、そのことの方が大事なのです、と。別人の、ありもしない場面を、よく知る出来事に絡ませていく。それでその話は誰が納得するのだろう。

 隠れては、歩く。隠れても、歩くとする。意図から逆さになっておりて、分からない。一歩一歩が、初めて置かれたものから遠くでなく、ただし離れていて、迷うことさえ少し変だと思える。かたらないでいる。