<853>

 隙間、ひと、もの、ビ、なぞえ・・・。

 夕方へ、転落、ト、のその、スローモー。いわば、明瞭線の外・・・。不気味とは増不増の名前。名前内意識。

 言い、比(ビ)、ル、よそゆき、分かち難し、いわゆる、ト、響いた。揺らぎ、程度見し、これから。

 熱情の、表面上時(ジ)、無関係の音(おと)。見事な分かれ、見事な専門仕事。おそらくは繰り、自ら、ヲ、する由(よし)、指(ユ‐ビ)流れひとまずの、打(ダ)、うち、まるで整頓、願わくば身体(からだ)の向き、ノ、向き、知らせる、ヨ、の道・・・。

 ごうごう、ト、体(タイ)、法外な、温度、ノ、無意識(無‐無意識、無‐無‐無意識)との共闘、半ば企み、半ば無垢の、豪勢な音に(踊り?)、導入線、ハ驚き、線上の有りや無きか、とここいらで、分化、通過、湧きはア、さての方向への歩みを可能事として祝ふ。

 綻びはまた深部へ、潜(セン)、潜(セン)、しかうして、未分化、しかうしてひらく、また、混濁、比し、温度、夢見の境(さかい)にひとこと、ノ、置き、身(ミ)、しるし、うたのア、わい・・・。

 道理の、ゆ‐指先‐視‐ミ、秘、秘、あそれ、わがこと、のよな、回転、開脚、その先へまた、隣の世界・・・。

 吹き上げ、(そのまま)、られて、見し、よ、よよ、着地。刻印、のその、マ(まァ・・・)、からゆくり、ゆぅくり冷え、ト、声(ごえ)。辿りたげにその文字の端(はし)、否中心、否端(はし)の声(こえ)に誘われて、おそ(れ)らくはその沸(フツ)、沸(フツ)となる奥のマへ、指で棲む、もの、ことはそう指で押し、ス、棲む。