<862>

 おお、ひずみ、よく、小さな言(こと)と、ともに、あるの・・・。

 絵。すなわち、絵の具の声を乱反射する・・・。匿名な、匿名な振舞い、おそらくは似姿。

 指(ゆび)、指(ゆび)、あわい、デ、振るう。全くの零度 全くの零度の声が私を誘惑する・・・。

 「あたしは、あたしは、全面が、緑色の文章を書きたいんです。」

 はにかみ、曇り。重たい油に抱(イダ)かれたあなたの小さな呼吸 それも空 それも夜の・・・。

 しとしと、しとしと、ト・・・。雨ィ止まず・・・。雨垂れが妙に私を優しく揺すぶる。

 私の小ささのなかに止み難い一筋の線、それも、乾ききるそのそばから淀みない言葉を発する、私の暮れの姿と、明朗なひと日(ヒ)のうたい。

 永らく抱(ダ)いた。重たく内側に開(ひら)いた視線の数々を見留め、

 「おそらくあちこちに、軽やかにハぜた私のうたいにどこまでも似ている・・・」

 ト、ひとり言(こと)をこぼしながら歩いた。夕暮れは誰かのために近かった。奇妙に優しい線のなかで身(ミ)を振るいながら眠りにつく。

 こと、と、うとうとする・・・それで、夜(ヨ)、いくつもの惑い、いくつものステップが、各々でにじむよりはやく、私の意識はもはや振るい合わされた籠(かご)になり静かに吸い込んでいる・・・。

 一日に見事なメ、視(ミ)、流れ、含まれた、言(こと)、もとい、おそらく唇(くちびる)と呼べるものの未(ミ)‐ささやき・・・がひらく。