<916>

 ああそう、マ、そう。や、よかよか。それがまた、夜(よ)、不分明ダ、だだだ。ひとりとモノはまた、からだ。姿、は、見(ミ)と和(ワ)。

 数とまず、求め、それら、また和(ワ)。見えない。震え、湯気、奥、気づかない。記憶、淀む、それら、空(そら)、あたまのなか、カラ、は、ひらひら。

 またマ。まとまり、おとは走り、ぶらぶら、よるべないよるべない。ものは、まだまだ。誰だ、と、ここはマ、あたらしいカドで、飲むや、食うやら。

 われわれはたれ? われわれは、混ぜ。ひとことめ、何故? 黙想で、既、につかんだ、は、かたまり。まだ遠くや近くで非常識に鳴る、コトコト、ときはひた運ぶ。わたしはそらを避(よ)ける。

 もぐもぐ、ト、もぐもぐ。ひとはきかい。ひとはきたい。まさぐる、ミ、ぐる、ぐる、ミ、ぐる、うたう、は、ひとふし。ものが通る世界。ものが通る世代。彼方にひとりの泣き声。皆の視線・・・とひとつのやわらかさ。

 ひらたい、ネ、世界。うるおい、ノ、伸び声(ゴエ)。糸が揺れる。あなたはまたひたい、あなたはまたひたいのなかに棲む、のゥ、扉、夢、膨らみ、ひたした、は、のどのリズム。

 どんと来い、どんと来い、湧く湧く、きらきら、まさかはマサカ、に、寄りかかる。わたしがにじんでゆく。知らない人(ひと)に声の似る、うふふ。空(そら)はただ裸(はだか)で晴れている。やや、や、見ている。いくつものまなざしが映っている・・・。