<950>

 あなたがたの、こくと飲む音(おと)、

 静かな耳になり、耳はまた静かなり、

 わたしはかわき、わたしは窓の外へほされる、

 ただ吹いてみただけという、風にしても、今はただ吹いてみただけという・・・、

 小川のそばで澄み、わたしはそのリズムを知っていたという、こころもち吹いてみただけの風は、

 干されたわたしの心にはかなう、

 たれか歓声を上げて過ぎる、

 音(ね)のなかになみだ、いついっかをも含まない、ただのざわめきとして、ただのひとつを・・・、

 もの珍しく伺い、もの珍しくうちを描(えが)くと、ひとはただのいつもに似通った匂いで過ぎる、、

 ある日ひとは絶えた、ある日にただ過ぎた、

 わたしが風待ちになぐさみほされていた頃・・・、わたしがたれかの歓声の輪郭としてたしかにそこにあった頃・・・、それは無量の日々を伝う、

 晴れやかなヒが無遠慮にゆく、

 わたしはその明かりを見てはいられなかった、、

 わたしのなかを流れる血から少しも離れていないのに、血は静かにほされてヒと同じいろになっていた、、

 たれか歓声を上げて過ぎる、、

 それはただ遠方の、こころもち吹いてみただけというほどにかすかな、あなたの風のなかをゆく、