<951>

 ふうわりと過ぐひとみ、

 この壁一枚の真暗な夜に、

 わたしはどこを吹こう、わたしはどこを吹こう、

 それはすみやか、

 それは恥じらい、

 それは、まだかまだかと差す光、

 濃くのび、また言(こと)が、ひとを過ぎてしまう、

 まだかかる、まだかかる、

 まはだかに朝は来て、見えない手を、反対へ傾ける、

 それではおはよう、

 それすらおはよう、

 わたしは応答を雲と見紛(まご)う、

 さくと立つヒ、人(びと)、

 肌の朝に棲み、わたしは初めて全身になる、

 怪鳥の招ばう声、

 わたしは緑だ、

 真白な姿に、音(おと)のあじきなく、、

 わたしは二人分になった、

 車はすばやくわたしを背負い、現在時になり、音(おと)になり、ただのエネルギになっては触れる、

 ひやこい地面にただの車輪の重たさ

 ひやこい地面にただの車輪の生命時記憶、

 むろん、そらはただただ増えるだけ、、

 あたしが見ていたこと、

 ひとには暑すぎたヒ、

 雲がひとりで緊張している・・・、