<1020>

 小さな部屋は惑う、

 それは、彼が小さいからだ、

 からだは、あなたが知っている、ちょうどその大きさだ、

 だが、その大きさはどういう訳だか、捉えがたい、

 わたしが知っている大きさではなかったりする、、

 とろん、とろん、とろんと、

 溶け出してどこまでも捉えにくくなっている、

 ただそこに肢体、

 なだらかに香りを放つ、、

 そこで、肢体は、なまめしやかに溶けてゆく、

 この油と、裸体のなかへ、あるなまめしやかさとともに溶けてゆく、、

 ただ単純に、あまりに溶け過ぎてしまったがため、

 ここいらでひどくロウたけてしまった、

 たらたらとロウたけて、

 そこいらでひょいと歓喜になればいいのか、どうだか、

 そこいらへんはよく分からんのだが、

 だがだが、

 このひとたれひとたれが、

 あくまでも透明な瞳を過ぎてゆく、

 その姿が、

 ただに切ない。

 ただあまりにもロウたけてしまったために、

 たらりたらたらと溶けてゆくのだとして、

 ためらいつつしかし経験は必要だと知りつつ、

 またひとつの形をなしてゆく・・・