<1051>

 まぢかに香るるそばえ食らいついてゆく、、

 どんなき色(イロ)をみしょうぞ、、

 わたしの・・・

 その真赤な手を開いて、、

 湯気などはなまめかしィく、、

 ひとの肌という肌なんぞ、順に順に撫ぜて参りまして、、

 いやだわ (おいやです)

 そのヒ、その日にひかれて、、

 いたずらに夢を見、、ひとのなかへ寄んましょうよィ、

 のゥ・・・

 からげ ころげんながらよゥ、、

 音(おと)は吹き、、ころももままにとひとふし、、ひとふし・・・

 さぁさ、

 調子っぱずれノ、、あなたのなまの笑みに対して、、

 ひととなりながらまた 口を継ごうかしら、、

 ねえ・・・

 晩に朝に、、じたっ、、じたっ、ト、する、

 のゥ汗のゥ、

 裂いては過ぎ 裂いては過ぎスル、ねばりの行列すらも、

 よィ よィ

 そはあなたの息のかかるマにひとしくあらはれまそ、、ホホ