<1052>

 腕やら夢やなにやらに浮かべる、、

 寂寥の顔、

 何度となく問はれ(ともあれ)、ひとり飽いた、

 穴のアくほど アくほど見てて、

 なんだかあんたがたれなのか分からなくなってしまった、、

 不意の風として、いつまでも涼しく、、

 いつまでもかろく、、

 そこえ、いくどもかようたことのあるつもりで、、

 また当たり前に戻ってきたようなつもりで、

 初めてぬ場所ぬ吹く、吹く・・・

 そこえ行(ゆ)き過ぎぬ、、

 ふたり風、

 まとうものはまとい、

 からぐものはからげ、、

 さむしく浮いて、、

 夜通しころがるむものはころがるむ続く、、

 当たり前、、

 外面の、ぽかんとした、無私のけむりを見つめて、

 ただにさえ騒いでいる、、

 現在時 飛ぶ 飛ぶのなかえ

 まだ過ぎていないものをからめ、、

 過ぎたものは過ぎたものの姿をとどめ、、

 かんばしく、、

 その横へ 横へ 流れていく、、