<1054>

 円(まろ)く あかく 人(ひと)のうち、ポッ、

 ポッ

 ・・・ポッ、

 と、照らすもの。

 曰く まだ来(ク) 夜(よ)も夜(よ)のように どう

 どう

 どうよ どう

 ト、、

 ふたりが影のなかにたくわえたもの、、

 とて、、

 日に照らせば嘘になる、

 日に照らせばみんな嘘になるから、

 みんな、、

 常の明かり 常の仕草へ あたら・・・

 あたら漏る溜め息を透かして、、

 わたしは・・・

 風 往時 風 派手な成りゆき、、

 身(ミ)に降(ふ)りかかるさきわひの、、

 さて、さて、さてもの華やかなさびしさ、、

 何処(いずこ)へもよとさわやかにひろがれ真赤な明かりの、、

 真赤なその揺らめきを・・・、

 おんどれらい ヒ 身(ミ)を静かに責む、

 うちがわに、おんみ、おんなのうるはしく鳴ることよ、、

 おほほ、

 まだいくらも、くらやみのなかを歩んでゆくことが必要でしょうから・・・