<1099>

 香りは待つ。

 ひとつ 待つ。と、ひらき、、たたまる、

 また、や、

 ひとつのは、ひとつのせ、、

 もぐる、、触れてきて、

 踊りやがる、

 掛け、はい、ほぅ、おぉと 踊りやがる

 と、たび、、うなずき、

 の、ように、越ゆ、

 安心し切り、ただひたすらに、思い出されてく、

 香りが強くついてゆく、

 とぅ、垂れ、ふさぎ、皮膚一面、

 まじり、安き、ひびく、、

 この先の先の先へ、

 ひとり垂れている、

 なだれ、あたたまり、ひとり剥がれてく、

 (あるいはおんせい一面の)

 仕草に返される 香りに返される 場所にひとりずつ、返されている、、

 立つ。

 初めにと指し示すの、の。

 あれはまたあなただけの香りでなく。

 しかしそいを出るまで、ひとりで気がつかない、

 としょう、まだ見、しょう、ふるえたくち、

 場所は拡がり、

 あちらにもこちらにも笑んで、、