<1109>

 あなたが人間である限り、とてもわたしには気に食わないのよ

 道々百遍その言葉を考えてみている、

 果たしていつか、道理の川に浮かみ、気ままに流れていたあの様子へ辿り着く、

 川に浸しているこの頭は、この言葉は人間のものなのであろうか、

 わたしは発話し、そのそばからおどろいている、

 果たして最後まで心配事をおっぽらない、起きている時間が長くなっていた、

 流れのない川は静かで、不安だ

 すると何ごとかを話し始めているわたしがいる、まるで人間の休憩みたいに、

 あの人は休憩でなく、人間が気に食わなかったのだ、

 しかし、わたしはそうは思わない、

 意識が不幸だとも思わない、、

 葉が一枚、二枚、、と落ちて浮かみ、湿ったままでいる、、それは不安だった、

 時と場合によってはわたしも人間になるのかもしれない、

 まぁそれはそれでよいだろうと思う、、

 喜んだそばからまるで違うことを考えているのも

 まぁそれはそれでよいのだろうと思う、

 月日はあくまでも月日である、

 あしたもまた発話に驚いている時間がくる