<1145>

 見事にもらってしまう。

 

 軽やかにまた道をもらい、

 好きに浮かぶ。

 かつての名を通り、ひろやか。

 もののそばで、影のそばで、、

 中心もなくぼんやりとして。

 

 飽くまで全てを昨日にとっておき、、

 当たり前に眺む。

 明らかでない道も、

 昨日から知っていることとする。

 

 身体は芯を生み、

 あくまでふにゃふにゃにし、

 ひとり茶の中。

 

 茶は湯気の中。

 空気は今の中。

 身体はこことここを揺れに揺れ、

 濡れて眠る。

 

 本当がない時間。

 本当のように長い時間へ。

 考えることばかりで拡大する今日へ。

 今日の静かな音へ。

 

 大老人とわたし。

 時間のズレと雲。

 歓談と雨。

 夕べと店じまい。

 時折とわたし。

 頻繁と大老人。

 街角と流れる車。

 

 かくある優しさのなかでも一番色っぽいもの。

 道に赤く咲いていて嬉しいもの。

 また来たらいい、

 

 なにもかも長くなってなにもかもでたらめになって、

 緩やかで 夢で、

 ちょうど数えていた言葉にまた会って、

 少しお辞儀。

 その全てが流れでてゆく華やかで、

 また言葉とともに来たらいい。

 

 夕刻を少し過ぎて。

 今日も丁寧にしまって。

 少しく ぼんやりで、

 空気を吹くと、、

 昨日が立ち上がり少しの準備をする。

 もの珍しいものがなくとも、

 少しばかり準備をし、

 よろけて掬ってゆく少しの感興。

 

 きわだって華やかで、

 どこを眺めてもひろがっている色で