<1215>

 鈍い光が、前景を満たしているから、、

 ほとんど、それも、

 知られずに 滑り込む、、

 あの全体に暖かい心地するようなトコで、

 僅かに身体を振っている、

 自己が存在かどうかを丁寧に確かめテイル、

 のが、

 陽にぼんやりと映っているようなここちスル・・・、

 

 長い遊びのなかに、そうして、

 ひとつの呼吸が緊張していると、

 タカイオトガイクラモノビツヅケテ、、

 振舞いは鈍化している、

 (カト思ウト)、

 振舞いは見事に際立ってくる、

 はっきりと、しかし、はっきりと、

 踊りは間違えようのない印を、

 それが、陽のなかに重なって、

 ぼんやりとした形をトッテイル・・・、

 

 そのままおもむろに投げ出された一歩が、

 (ワタシハキンチョウシテイル)

 ぼやけた輪郭を踏んで、

 さんずる、サンズル、散ずる、音が、

 長い遊びのなかで、

 存在が、存在を、丁寧に見たあと、

 次の踏み足のなかでは、

 綺麗に散じてイタ、

 こんなに、歓びに溢れる道のそばで、

 全く、前後左右の感慨も無言を貫いて、

 ヨロコビニオンセイガツカナイ、

 そんなことで久しく揺れ続けている、、

 

 短い毒かしら、

 知らないけれど、

 それを一番丁寧な明かりで通す、

 一番に、真っすぐにサシテスギルノではなく、

 何か、

 ぐしゃっトシタものを踏んだような、

 それで、幾方へも散じてゆきますケレドモ、

 その空気は案外悪くないようです、

 顔が綻ぶのは見えないけれども、、

 行き交うものの波の全体が、

 無口で、

 それは一歩、また一歩と足されるたびに、

 熱が、 うんと上がってくるものらしい、

 それで、後から私が出てきて、

 ひとつ、ひとつ、まだふつふつ音を立てているものを、

 舐めますわね、

 試ミニ口に含んでイマス、

 と、

 いくらもぼやけてくる、

 身体がある緊張を持って膨らんでくる、

 なんとなします、

 そのまま前方を見つめていて、

 動いたその隙間から声の全体を覗かせていました・・・